記事一覧

初代ロイヤル オークと同径ながら厚さ8.1mm!

第一線で活躍する時計ジャーナリストが「2022年注目の新作時計は?」のお題に答えた。並木浩一が選んだオーデマ ピゲの極私的3本は?

オーデマ ピゲ偽物 26315OR.ZZ.1256OR.01 ロイヤル オーク クロノグラフ

品番:26315OR.ZZ.1256OR.01
・ケース:
 18Kピンクゴールドケース
 ブリリアントカットダイアモンドがセットされたベゼル
 反射防止加工サファイアクリスタルガラス製風防
 ねじ込み式リューズ
・ケース幅:38 mm
・ケースの厚さ:11 mm
・防水性:50 m
・文字盤:
 「グランド・タペストリー」模様のシルバーカラーダイヤル
 ピンクゴールドカラーのカウンター
 ピンクゴールドカラーの外周リング
 蓄光処理を施したピンクゴールドのアプライドアワーマーカーと針
・ブレスレット:18Kピンクゴールドブレスレット、APフォールディングバックル
キャリバー
・自動巻 キャリバー2385
・バランスホイールの振動数:3.00 Hz (21'600振動/時)
・機能:クロノグラフ、時、分、スモールセコンド、デイト表示
・その他:
 一体型クロノグラフ ムーブメント
 コラムホイール クロノグラフ メカニズム
18Kピンクゴールドモデルのダイヤモンドセットベゼルがシルバーカラーの「グランドタペストリー」ダイヤルをさらに輝かせます。ダイヤルにはゴールドカラーのカウンターとピンクゴールドのアワーマーカー。

ロイヤル オークの歴史を噛みしめると、さらに味わい深い
はじめてル・ブラッシュの本社を訪れたのは四半世紀以上前だから「ロイヤル オーク」の歴史の半分は近くで知っている。2003年にスポンサードしたアリンギチームの祝勝パーティでは、アメリカズ・カップの実物に感動した。変わらないのは運と威勢の良さで、酉の市の熊手よりも縁起がいい。

50周年記念に2種のゴールドとプラチナ、SSで登場した“ジャンボ”、豪勢にバゲットダイヤモンドを奢った「ロイヤルオーク オフショア」、2019年に登場した「CODE 11.59 バイ オーデマ ピゲ」の永久カレンダーなど、あらゆる新作に難しい時代を生き抜く護符にも似た頼もしさが憑依する。

値段を訊くのは野暮であり、いい時計を身につければきっと自分にご祝儀が戻ってくる。しかし、入手するのは限りなく困難である。

【関連記事】:スニーカー 偽物でもいい

コメント一覧