記事一覧

アクセント盛り沢山なコーデにはシンプルなブルージーンズを合わせるのが

アップロードファイル 12-1.jpg

襟付きベストやサボサンダル、真っ赤なラウンドタイプのアイウェアなど独特なアイテムチョイスで個性を盛り沢山にしたスタイリング。コーデがうるさくならないようボトムスにはシンプルなブルージーンズを組み合わせ、足し算と引き算を計算した仕上がりに。どのアイテムもジャストサイズで着こなしているため、洗練された雰囲気が漂っている。

ブルージーンズはコロニアルカラーとも相性バツグンだから高感度なコーデにうってつけ!
ベージュやブラウンといえばコロニアルカラーを代表する色であり、メンズファッション界において以前より注目されていたカラーだ。今季はより注目度が高まっているがゆえ、主役級アイテムで取り入れて高感度に仕上げたいところ。そんなコーデを構築する際にオススメのボトムスがブルージーンズだ。茶系と青系はどちらもアースカラーのため色馴染みもバツグンでスタイリングにまとまりが生まれる。下で取り上げた御仁のようにシンプルデザインをチョイスすれば主役アイテムもひと際目立つため、トレンドコンシャスな着こなしを構築する場合にはぜひ試してみてはいかがだろうか。

アタリやダメージを施したジーンズをチョイスすればシンプルコーデに表情が生まれる
ヒゲやダメージを施した表情のあるジーンズをチョイスして、シンプルコーデを洒脱な印象にまとめた御仁をキャッチ。バンドカラーシャツをハーフタックインで着こなしてこなれ感を演出しつつ、ジーンズのデザイン性を強調しているのも見ドコロだ。ジーンズの裾をしっかりとロールアップしてボリュームを作り、些細ながらシルエットにメリハリをつけているのも

レトロな雰囲気のケミカルウォッシュジーンズに革靴を合わせてコーデをモダンな雰囲気に
80~90’sを想起させるケミカルウォッシュ加工を施したジーンズによってレトロな雰囲気を醸しつつ、足元にブラックレザーのモンクシューズをセットして都会感をプラスしてモダンに仕上げ。シャツのボタン開けや袖捲り、シューズの素足履きによって抜け感をアピールしているのもイイ感じだ。

あえて“アジ”無しのプレーンな濃紺ジーンズを選び大人顔に仕上げたカジュアルコーデ
ヒゲやダメージ加工が施されたジーンズはこなれたムードが漂うことうけあいだが、ただでさえジーンズがカジュアルど真ん中なアイテムゆえ、ともすれば若々しく見えすぎてしまい大人っぽさが欠けてしまうことも。そこでオススメなのが、過度に加工を施していないプレーンなジーンズ。アタリなどの“アジ”が無いだけでクリーンな印象に見えるため、落ち着いた雰囲気にまとまる。

スニーカーのトップに合わせてロールアップしてスマートさを携えたジーンズコーデ
キャラクタープリントを配したポップなTシャツにダメージジーンズ、ランニングスニーカーと組み合わせは極めてラフながら、どこかスマートに見えるのはスニーカーのトップに合わせてジーンズをロールアップしているため。ともすれば野暮ったく見えてしまうこともあるダメージジーンズも、クッションを作らずにストンと落ちたシルエットで履けば洗練された雰囲気が漂う。

6/39GO TO NEXTPAGE
デニムオンデニムの武骨さを顕著に現したリップドジーンズコーデ
ただでさえ武骨さ溢れるデニムオンデニムの着こなしを、より一段とラギッドな印象に仕上げた御仁を発見。ジーンズの両膝にはリップ加工を、デニムジャケットには随所にダメージ加工をあしらい、かつスタッズ付きのベルトをチラ見せで男らしさを演出している。コーデのアク抜きとして奏功しているバンドカラーシャツと白スニーカーもグッド。

個性的アイテムを巧みにいなしたテーパードシルエットのジーンズコーデ
蛍光グリーンで太ピッチのストライプ、それでいてカッタウェイでイタリアらしい仕立てと、とにかく目を引くシャツを着用したこちらの御仁。ボトムスにはキレイ目シルエットのテーパードジーンズをチョイスすることで、カジュアルに振りつつもそれとなく上品さをアピールした装いに。クロップド丈と素足履きのローファーによる抜け感も奏功し、軽快さも携えたコーデに仕上がっている。

ミリタリージャケットとダメージデニムを組み合わせた男らしさもひとしおなコーデ
主役に据えた6Cデザートカモ柄のミリタリージャケットによる良い意味での“男クサさ”を底上げするかのようにボトムスにセットしたのは、激しくリップ加工を施したブルージーンズ。上下の組み合わせが極めてラギッドな分、足元に合わせたサンダルの抜け感も格段に演出されており、絶妙な按配に仕上がっている。スタイリングがごちゃっとした印象にならないよう、インナーに無地の白Tシャツをチョイスしているのも

ジーンズのベルト切り替え部分に柄シャツを腰巻きして、アクセントをプラスしたコーディネート。王道のTシャツ×ジーンズコーデのマンネリを打破するなら、こんな腰巻きテクニックを駆使してみるのも一手だ。下の御仁はさらに、腰巻きしたシャツとスニーカーでさりげなく色味をリンクさせて統一感も演出している。

ブリーチ加工を施した強コントラストのジーンズで迫力満点なコーデを作る!
ダメージ加工やケミカルウォッシュ加工などジーンズにおける加工法は数多く存在するが、その中でもブリーチ加工は存在感や個性を演出するのに好適な加工だ。ピックアップした御仁が着用しているような強めのブリーチ加工を施したブルージーンズなら、どんなアイテムと合わせても迫力満点なコーデに仕上がることうけあい。もっとも、大人っぽさを欠いてしまわないように品あるテーパードシルエットを選ぶなどして好バランスに整えるのがベターだ。

パステルカラーのリネンシャツにブルージーンズを組み合わせ、足元にネイビーのスニーカーをセットして全体でトーンオントーンを表現。シンプルなアイテム合わせながら色の深浅をつければリズム感が生まれ、どこかこなれた雰囲気が漂うのが分かる好例のスタイリングだ。それぞれのアイテムで異なる素材をチョイスし、奥行きのあるコーデにまとめている。

リップ加工やリペア加工、カットオフを施してひと際エッジィに仕上げたブルージーンズに合わせたのは、爽快感たっぷりなストライプシャツ。ドレスライクなパリッとした仕立てのシャツをチョイスすることで、ジーンズのラギッド感をほどよく抑えているのがポイントだ。

艶感のあるネイビージャケットとブルージーンズをさらりと合わせ、嫌味の無い男らしさと大人の色気を醸したジャケパンコーデ。足元にはブラックスエードのチャッカブーツをセットして、上品な雰囲気をチョイ足ししている。

ロレックスGMTマスターII 126711 chnr 'ルートビール'時計ハンド

それは5つの長い年をとりました、しかし、ロレックスは赤と青ペプシcerachromベゼルで最終的に我々にステンレス鋼GMTマスターIIを与えました。それに加えて、ロレックスも、私の意見で、より重要で、価値がある黒と茶色のベゼルで2つの新しいGMTマスターII腕時計を我々に与えました。これは、新しいロレックスGMTマスターIIリファレンス126711 chnr“ルートビール”のあなたの手のレポートです
新しいGMTマスターII参照126711 chnrは、いくつかの理由に注目される。まず最初に、ロレックスがGMTマスターIIのためにEverose Goldを使ったのはこれが初めてです。さらに、これはロレックスが黒と茶色のcerachromベゼルを生産したのも初めてです。全体的な結果は非常に衝撃的です、しかし、後でこれ以上に、腕時計の仕様について話しましょう。
ケースは、ロレックスが研磨プロセスを最適化するのを許容するために、フランの上で、そして、ラグでわずかに再設計されました。ロレックスは、ラグが鋭くて、ケース側がより明るいと言います、しかし、私はほとんどの人々が違いを話すためにすり減らさなければならないと思います。ケース直径は40 mmのままであり、トリプルクラウンのおかげで耐水性も100 mで変わらない。
基準126711 chnrは、磨かれた中心のリンクが磨かれた中心のリンクでエスター・ゴールドから作られて、ステンレス鋼を作られている横のリンクをブラッシングしました。それはよく細工されて、おなじみの牡蠣岩折りたたみ式の留め金とEasyLink拡張を備えています。EasyLink拡張は、所有者がすぐにおよそ5 mmによってブレスレットを拡大させることができる華麗な対照です。これは、特にあなたが熱帯気候を持っているどこかで生きることが起こるならば、救世主です。
ケースのハイライトは、黒と茶色の二色のベゼルです。2013年からの参照116710 blnrの黒と青のベゼルのように、ベゼルは適切に評価されるために肉で見られなければなりません。間違いなく青と赤であるペプシcerachromベゼルとは異なり。茶色と黒い「ルートビール」ベゼルは、よりダイナミックです。直射下では、ベゼルの茶色の部分がポップで、ほとんど蜂蜜のように見えます、そして、これは非常によくrolesorブレスレットを補います。調光条件の下で、茶色のセクションは、より抑えられて、ベゼルの黒い部分とほとんど混ざり合います。これは、参照126711 chnrを見て、着用するより興味深いことができます。
このリファレンスをユニークにする他のものは、そのダイヤルです。ダイヤルは黒いです、しかし、それはその18 Kの金の時間目印と手とそれ自体を区別します。GMTマスターIIは6時に格言でも金です。全体的に見て、ビンテージローレキの金色のダイヤルを思い出させます。彼らが白い金目印と手を持つので、これは他のGMTの間で特別な126711 chnrを作ります。より重要なことに、金のマーカーと手が黒と茶色のベゼルとエバーロースケースとブレスレットと結合されるとき、参照126711 chnrは非常に暖かい観察とそれに感じます。それはほとんどあなたが内部のファジーを感じさせる。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ